スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不同意堕胎 勤務先から点滴薬を不正入手(産経新聞)

 医師が交際女性の同意を得ずに子宮収縮剤を投与して流産させた事件で、不同意堕胎容疑で逮捕された医師の小林達之助容疑者(36)が勤務先の東京慈恵会医科大学付属病院(東京都港区)から、収縮剤の点滴液を不正に入手していた疑いがあることが25日、捜査関係者への取材で分かった。点滴液は女性に収縮剤の錠剤を手渡した1月上旬以降に持ち出されていたという。

 点滴液を入れて使う輸液バッグは実家の内科医院(横浜市緑区)から持ち出していたことも分かった。

 警視庁捜査1課は同日、同病院と内科医院を家宅捜索し、同病院から収縮剤を不正に入手するため偽造した処方箋(せん)などを押収。小林容疑者は「流産させて申し訳なかった」と事件への関与を認める供述を始めており、全容解明に向けて捜査を進める。

 捜査1課の調べでは、小林容疑者は平成20年12月30日に女性から妊娠を知らされ、翌31日に錠剤を、1月1日には粉末状の錠剤を不正に入手していた。その際、小林容疑者が担当外だったため、不審に感じた担当者が質問すると「患者が欲しがっている」などと説明したという。

【関連記事】
“不同意堕胎”イケメン医師、妊娠知った数日後に結婚してた
結婚目前 邪魔になった「新しい命」 不同意堕胎事件 小林容疑者
妊娠→薬→堕胎 結婚控えたイケメン医師 焦燥と暴発の果てに…
妊娠知った翌日 別の患者名で錠剤不正入手
妊娠伝え10日後に流産 堕胎容疑の医師 すぐに犯行計画か
虐待が子供に与える「傷」とは?

<参院選>過半数割れなら首相退陣も 渡部恒三氏(毎日新聞)
鳩山首相 「国の出先廃止」各閣僚に指示(毎日新聞)
<掘り出しニュース>宇佐神宮大楠にタッチ 「EXILE」の後押しで参拝増加(毎日新聞)
郵政法案めぐり対立激化=28日に採決の構え―与党(時事通信)
「対うつ病10カ年計画」策定を=関連4学会が初の共同宣言―広島(時事通信)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミスターしょういちかたひら

Author:ミスターしょういちかたひら
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。